BLOG

Posted on 2020-11-19
黒猫

早朝の神社で撮影をしていたら、見知らぬ黒猫が甘えてきた。
全部で500段以上もあるという石段をしばらくついて来きた黒猫。
必死に鳴いていたけど、何を訴えていたのだろう。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-11-04
秋の赤

いよいよ全国的に色付いてきましたね。撮影が楽しみです。
トップページの写真を「赤」が印象的な秋の風景に変えました。ずっとひまわりの風景だったのでね。やっとです。

※スマホで見ている方は「デスクトップ」表示にスイッチして「HOME」からご覧ください。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-10-29
J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE63号」

J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE63号」Home of JPOWER「短編小説 ともしび食堂、本日閉店」にて、私が過去に撮影した写真が掲載されています。
作家の藤岡陽子さんが過去に取材したJPOWER施設を舞台に、一編の美しい小説を書き下ろされました。
これがホロリとする良いお話なんですよ。あ~思い出しただけで目頭が熱くなる・・・。ぜひたくさんの方に読んでいただきたいです。

上の写真は、短編小説の舞台となった橘湾火力発電所(徳島県)を取材をした際に訪れた蒲生田岬です。自分でも気に入っている一枚で、今回巻頭グラビアに採用していただきまして嬉しく思っています。

 

Posted on 2020-10-27
燃ゆる山

紅葉の那須岳です。
この日は、数日前から天気予報や紅葉情報を小まめにチェックして「この日で間違いない!はず!」という日に訪れたのですが、いざ登ってみると山の上は真っ白の視界ゼロ。そのうち冷たい雨や風まで吹いてきて、泣きそうな気持ちで真っ白な世界をしばらく見つめていたのですが・・・その場にいた登山客から歓声が上がり振り返ってみると、みるみるうちに霧が晴れ、赤く燃えるような山の全容が現れ始めていたのです。急いで目当ての撮影ポイントまで移動してカメラを構えた時には、一枚目の写真のようにすっきりと晴れわたっていました。
こういう時、100%の確率で「日頃の行いが良いからだな。」と発言してしまう人がいるものですが、この時はもうそこら中からそのワードが聞こえてきました。うん、日頃の行いが良いからだ、そうだそうだ。私も心の中でそっと同意したのでした。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-10-01
スナネコちゃん

スナネコ アミーラちゃん
▲4月に生まれたアミーラちゃん。興奮しすぎてピントがあっている写真はこの1枚のみ・・・


▲7月に生まれたアミーラちゃんの妹。マットの下に潜り込んで寝てるのかわいすぎ。名前は何になるかな。

とうとう9月は一度もブログを書けず、10月になってしまいました。
わたしはなんとか元気にやっています。みなさんはいかがでしょうか。

ところで、9月の連休にスナネコの赤ちゃんに会いに那須どうぶつ王国に行きました。
4月にテレビのニュースでスナネコの赤ちゃん誕生の報を見て以来、会いたくて会いたくて震えていたのですが、やっと行くことができました。

王国に到着するやいなや、それはもう息子と旦那が引くくらいの猛烈な勢いで列に並び、並んでいる間も「ついに会える!」と興奮が収まらず、おかしな状態になっていました。
開園前から一時間半ほど並んで、見ることができた時間はアミーラちゃん、赤ちゃん各30秒の1分間!でしたが、本当に可愛かったので満足です。

 

スナネコちゃんと同じエリアにいたマヌルネコさん。2019年に誕生したそうです。
近くにいたお客さんが「去年はわたし達が主役だったのよ!」とマヌルネコさんの心情を吹き替えていました。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-08-23
ひまわり

トップページの写真をあじさいからひまわりに変えました。
遠く町を見下ろす場所にあるひまわり畑。なぜか一緒に植えられていた蕎麦の白い花が良いアクセントになっていて、とても素敵でした。

弾丸で東北撮影旅に行ってきました。どこも人が少なく静かで、撮影するには都合が良かったけれど、ちょっと寂しかったかな。
せめて、という訳ではありませんが、持ちきれないほどたくさんのお土産を買って帰りました。

 

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-07-29
日本風景写真家協会トップページ

今週、私が所属する日本風景写真家協会の公式サイトのトップページのスライドショーを担当しています。
夏に撮影した写真から少しでも涼し気なものを選びました。

日本風景写真家協会には、素晴らしい写真を撮られる方がたくさんおられます。
私もいつもその風景に癒されています。

こんな時代だからこそ、視覚から癒しの風景を得ることは、メンタルヘルスの観点からも大事だと思います。
いつか必ず、また自由に旅行できる日はくるはずですから、協会の皆さんの写真を見て、旅行の計画でもたてていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

日本風景写真家協会 写真家リスト

 

Posted on 2020-07-21
入院

もう先週のことになるのですが、高熱と全身に広がる発疹のため、5日間ほど入院していました。現在は、発疹はまだまだあるものの、熱も下がり体調も気分も快復しています。これからしばらくはステロイド薬を服用しながら通院で様子をみます。

原因は今のところ、薬の副作用、薬疹の可能性が高いとされています。
はじめは蚊にさされたくらいの数個の発疹だったのが、あれよあれよと言う間に全身に広がり、同時に40度を超える熱がでました。一時は血圧も低下し立つことはもちろん話すこともままならないほどで、もしあの時入院していなかったらどうなっていたのかと、今思うと怖いです。命拾いしたかもしれません。

(さらに…)

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-06-29
市民農園の収穫物

自粛が解除されて、先週から息子の小学校も通常通りになり、学童にも行き始め、習い事の教室も再開。徐々に以前の生活に戻っています。私もぼちぼち風景撮影を再開したいところ・・・。

今年の春から借りている市民農園。写真は先日の収穫物です。
4月中旬に種をまき、5月中旬から小松菜やほうれん草などの葉物の収穫が始まり、6月中旬からはビーツやジャガイモといった根菜に、ナスやピーマンといった実ものが収穫できるようになりました。昨日はトウモロコシも採れました。切り花も栽培していて、最近は百日草や矢車草が家を彩ってくれています。

以下はちょっとした思い出など。

土づくりと畝作りを息子に手伝ってもらいました。でもトラウマになるくらい大変。もし来年も借りられるなら、小型耕運機が欲しい・・・。



大好きなビーツは近所のスーパーではあまり見かけないので、立派に育ってかなり嬉しい。


畑に突如現れたスターウォーズのダースモール似のテントウムシ。1cm以上あり、ぎょっとするほどデカい。カメノコテントウという日本最大のテントウムシらしい。


「大玉トマト」と「もっちり丸ナス」が、青枯病になってしまった。連作障害のひとつで、市民農園ではあるあるらしい。最初にもっとしっかり土のケアをすればよかった・・・。青いトマトは、フライドグリーントマトにして美味しくいただきました。

 

RSS Feed  Posted in BLOG | 2 Comments »

 

Posted on 2020-06-04
J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE61号」

お知らせが遅くなってしまいましたが、J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE61号」(リンクが開きます) 「Home of Jpower」にて、作家の藤岡陽子さんに同行し、静岡県の佐久間ダムとその周辺地域を撮影しました。ぜひご高覧ください。

かつては「暴れ天竜」とも呼ばれた天竜川をせき止める巨大な佐久間ダム。日本の土木史において金字塔と称えられ、その建設過程は映画「佐久間ダム」に記録されています。
完成から60年以上もたつのに現役バリバリのその姿は、これまで取材したダムの中でも最も立派で風格さえ感じました。ダムとその周辺を一望できる展望台やダムの歴史や構造を学べる電力館も併設され、ダム愛好家の方にも大変人気があるそうです。

取材は2月の上旬で、まだ新型コロナがそれほど大ごとになっていませんでした。なんだか遠い昔のように思えます。
ダムや天竜川をドローンで撮影する計画もあり楽しみにしていたのですが、諸事情で撮影できず残念でした。また機会があればチャレンジしたいです。ちなみに、ダムの上に無許可でドローンを飛ばす方が多いそうですが、必ずダムの方に一言声をかけましょう。飛ばしてほしくない危険な箇所があるそうなので。

 

Posted on 2020-05-18
自粛生活継続中

ブログの更新が久しぶりになってしまいました。こちらは埼玉なので自粛生活継続中です。みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

私は子供と一緒にい過ぎて、お母さんモード全開の毎日です。撮影とかカメラとか風景とか、正直忘れかけています。毎日毎日、家庭学習と朝昼晩のご飯のことを考え続けています。はぁ。

自粛生活が始まった頃は、この期間を有意義なものにしよう!まずは溜まってる写真の納品をすすめよう!と意気込んでいたのですが、ほどなくして諦めました。 小2の家庭学習をみながら、三食作ってそのほかの家事をして、そのうえ仕事なんて、私には無理でした。夫は、在宅ながら残業しており、気の毒なほど忙しそうで頼れませんし。

そんな中、今の私の楽しみは、近所の市民農園で野菜のお世話をすること。抽選に当たりこの4月から借りています。 人との接触を極力避けるため、人の少ない平日の午後などに短時間で作業を済ませています。息子が宿題をしている間か、宿題が終わっていれば手伝ってもらいます。

行くたびに変化がみられる野菜の姿は嬉しいものです。
先日は、種から育てた小松菜とチンゲンサイを収穫して食べました。気のせいかもしれませんが味が濃くて美味しく感じました。食の細い息子も心なしか多めに食べてくれました。

閉塞感に満ちたここ最近の日々。
野菜の生長は、 季節は確実に移ろっている、前進していると感じさせてくれる貴重なもので、心の健康を保つ一助になっています。今年の初めに市民農園に申し込んだ時は、まさかこんな形で助けられるとは思ってもいませんでしたが・・・。

写真は新緑の奥四万湖です。今春のJR東日本「大人の休日倶楽部」吉永小百合さん のCMで知った方も多いのでは。新型コロナが落ち着いた時にでもまた行きたい場所です。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-03-31
粛々と

息子の学校は休校からそのまま春休みに入りました。可能な限り家で一緒に過ごすようにしているので、時間的にも気分的にも、なかなかパソコンに向かうタイミングがつかめず、ブログなどはあとまわしになってしまいました。
新型コロナには遅かれ早かれ誰でも罹る可能性が高く、それをいかにバラけさせるかが問題だと認識しています。とにかく医療崩壊を起こさないこと。そのために、人の密集するところにいかない、こまめに手洗いをするなど、自分個人でできることを粛々とするだけです。そのうち有効な薬は必ずできるはずだし、今はとにかく辛抱ですね。
写真は昨日の地元見沼田んぼの風景です。突然のしっかりした降雪でした。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-03-06
休校


息子の通う小学校も休校になりました。どこか他人事だった新型コロナ騒動、こんな形で自分の生活にも影響が及ぶことになろうとは。
私の住む地域では、日中は学校で自習することができ、夕方からは学童が通常通り受け入れてくれるので、ありがたく利用させてもらうことにしました。これでは休校の意味がないとは思いますが、仕事もあるので仕方がありません(もちろん家でみられる時はそうしています。)
これに伴って、自習用のプリントなどの準備(数時間分)、お弁当作り、徒歩で教室まで送り届ける、といったタスクが追加されたのですが、これが案外面倒でして。時間の融通がきく私などはまだ良いほうで、フルタイムの共働きママ友の家なんかは本当に大変そうです。

そんなわけで、心の中でブツクサぼやきながら、息子と通学路を歩く朝。いつの間にか満開になっていた梅の木に、大きなヒヨドリを見つけました。近づいても逃げようとせず、無中で蜜をついばんでいます。その様子を息子と二人で観察していたら、そういえば、こうして息子と近所を歩くのは久しぶりだなと、ふと気が付きました。昨年入学してから朝は班で登校しているし、学童のお迎えはだいたい車。土日も車で出かけることが多い。幼児の頃は、毎日のように近所を散歩しては、道端の花や生き物の名前を教えてあげていたっけ・・・。しばし過去に意識が飛びましたが、遅刻しそうなのを思い出して学校に急いだのでした。

※写真は別のところで撮った梅とヒヨドリです

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2020-02-27
ギター発表会

もう先月のことになるのですが、息子が習っているクラシックギターの発表会がありました。
写真はリハーサル風景です。習い事の発表をするには大変立派なホールですよね。準備してくださる先生に感謝です。
数か月前から家族一丸となって練習を頑張り、とても楽しみにしている行事です。ですが今回は、ちょっと苦い思い出となってしまいました。
結論から言うと、練習時にもなかった大きなミスを本番でやらかしてしまいまして。
見ているだけの私でも、その時は息が止まるようで、終わった後はしばらく動画を見返すこともできませんでした。息子本人は、思い出すたびに悔し涙があふれ、最終的にはもうそのことには触れてくれるな(心のシャッターガラガラピシャッ!)という状態で。子どもの習い事の発表会くらいで何を大げさなと思われそうですが、息子の人生のほぼ半分(基本的にはゆるくですが)ギターをやっているもので、我が家にとっては大きな存在なのです。

でも落ち着いて考えてみたら、こんな経験ってなかなかできないし、息子の大きな糧になったと今では思えます。息子も数日で立ち直り、はやくも次回の発表会に向けて新しい曲の練習を始めました。

これからも息子はさまざまことで何度も転び、そのたびに力強く起き上がることでしょう。
母としては、まずは邪魔せず見守り、必要であれば、起き上がる手助けをさらっとできる存在でありたいと思います(ついつい口うるさくなってしまうので気をつけます・・・)。

RSS Feed  Posted in BLOG, 子育て | No Comments »

 

Posted on 2020-02-20
日本カメラ 2020年3月号

2月20日発売日本カメラ2020年3月号にて「身近な桜を美しく切り取る<令和・桜の撮り方>」という記事を7ページ寄稿しています。老舗雑誌日本カメラさんにお声をかけていただいたのは初めてのことで、しかも7ページ、しかも地元・埼玉の桜フィーチャーということで、大変嬉しく思っています。
遠くの大自然や有名な絶景ではない、ごく身近な桜スポットをどう撮るか。私なりの考えとちょっとしたテクニックを書かせていただきました。使用機材やカメラザックの中身も初?公開しています。

特集「写真家たちのカメラの履歴書」や新製品に関する記事、巻頭のグラビアも大変見ごたえがあり勉強になります。日本カメラ3月号、どうぞご高覧ください。