BLOG

Posted on 2019-04-17
埼玉の桜


わたしの住むさいたま市の桜はもう終わってしまいました。県内では、秩父の方はまだ咲いているのかな。みなさんのところはどうですか?
ところで、過去の写真を見ていたら、思いのほか埼玉県内の桜の名所を撮っていることに気が付きました。せっかくなのでそれらをまとめたギャラリーを作りました。ぜひともご覧ください。「埼玉の桜」

以下にいくつか有名どころをピップアップしてご紹介したいと思います。(上の写真は見沼田んぼ桜回廊の一部です)

 

▲大宮公園
約1000本の立派な桜の木とこれまた立派な赤松が共生しています。

▲権現堂堤
広大な菜の花畑と桜並木の風景が有名な権現堂堤。
桜並木の中から見る風景も良いです。

▲さきたま古墳公園
こんもりした古墳の頂上に咲く桜がかわいいです。


▲北浅羽桜堤公園
延々と続く桜並木は圧巻。カンザクラで色が濃いのが特徴です。

▲岩槻城址公園
赤い橋が印象的な桜風景です。


▲清雲寺
ここは本当に桜が美しいです。個人的にイチオシの桜名所です。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-04-11
春休み

息子の春休み。
幼稚園の預かり保育が終わってすぐに学童保育がはじまったので、とても短いものでした。
夫超多忙につき、ふたりでキャンプに行ったり、春の森で生き物探しをして過ごしました。
池にはザリガニの赤ちゃんやおたまじゃくし、野原のタンポポにはヤブキリの幼虫など、新しい命がたくさん。
新緑も目にやわらかく、心地よい日々でした。

 

Posted on 2019-04-01
息子の卒園

先日息子が3年通った幼稚園を卒園した。

卒園後の春休み中も、預かり制度を利用することが決まっていたので、卒園式の日にはわりとケロッとしていた息子とわたし。

でも預かり制度最後の日、息子は、それまではいつものように笑顔でふざけていたのに、園を一歩出た後にふと顔を見たら、涙をぬぐっていた。わたしももらい泣きしそうになるも、気がつかなったふりをした。息子もすぐに笑顔に戻り、家路についた。

ところが夜寝る前になって突然、「これらからも幼稚園にいられる方法はないの?」と言って、息子が堰を切ったように号泣した。さすがにわたしも耐えられず、二人で抱き合って泣いた。

ひとりの人間の成長を、こうして間近で見られることに、今更ながら感動する。
たくさんの出会いと別れを糧に、大きくなってくれたらと思う。

 

※ちなみに息子の通った幼稚園は、さいたま市の片柳幼稚園です。
自由で、先生たちは愛情深くて、ほかの園にくらべたら親の出番は多いかもしれませんが、そのぶん子育てを満喫できるところです。自然大好きでやんちゃな息子にはとても良い園でした。
年に1、2回「花まる学習会」代表の高濱正伸さんが園のホールで講演会をしてくれるですが、わたしはそれがとても面白かったです((2018年まではそうでしたが今後はわかりません)お子さんが卒園生だそうです)
RSS Feed  Posted in BLOG, 子育て | No Comments »

 

Posted on 2019-03-11
上級救命講習

前回のブログから一か月以上空いてしまいました。その間、家族でインフルエンザになったり(わたしは今季二回目)、それが落ち着いたと思ったら、今度は扁桃腺炎でしばらく高熱が続き。極めつけは、息子の持病の悪化。何度病院に行ったかわからないひと月でした。卒園、入学のためのもろもろの行事や準備もあり、気が付いたら春になっていたような感じです。梅がきれいですね。

そんな中ではありますが、先日、だいぶ前に申し込んでいた上級救命講習を受け、上級救命技能認定証を取得しました。
胸骨圧迫(心臓マッサージ)や人工呼吸の正しい方法、AEDの操作を教わりました。止血の方法や倒れた人の搬送の仕方など、救急時の応急手当をたくさん学びました。

119番をしてから救急隊が到着するまで、平均8分かかると言われています。心臓と呼吸が停止してから時間の経過とともに救命の可能性はどんどん低下していきますが、もし、救急隊が到着するまでにその場に居合わせた人間が適切な救命措置を行うことができれば、その後の社会復帰率は2倍にも高くなるそうです。(でも、その人の意思も確認せずに救命しても良いものか考えてしまう面倒くさい自分もいますが・・・)

くしくも今日は3月11日。
もともとは、息子の持病によるトラブルに対応できる知識が欲しいと受けた上級救命講習でしたが、遠くない未来にまた必ず来るであろう災害時にも、今回得た知識を活用できたらと思います(実際には気が動転して、そう上手くは行かないでしょうが・・・)

 

Posted on 2019-01-31
氷上ワカサギ穴釣り

先日家族で氷上ワカサギ穴釣りをした。息子がテレビか何かで見て僕もやりたい!と言いだし、わたしも夫も一度はやってみたいと思っていたので、解禁日早々に行ったのだった。

道具はすべて湖畔のお店で借りた。そのお店のブログでは、今日一番釣れたのは400匹の〇〇さん、二番は300匹の〇〇さん、と連日釣果報告がアップされており、行く前にその記事を読んでいたわたしは、こりゃでっかいクーラーバッグが必要だな、しばらくは毎晩ワカサギの唐揚げかあ、近所にも配ろうか、でも基準値以下とはいえセシウムもあるみたいだしな・・・などと思案していたのだが・・・。 (さらに…)

 

Posted on 2019-01-25
J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE56号」

椿泊

J-POWER広報誌「GLOBAL EDGE56号」の「Home of J-POWER」にて、作家の藤岡陽子さんに同行し、徳島県の橘湾火力発電所とその周辺を撮影しました。
発電所では、今回はじめて石炭サイロの中に入って撮影したのですが、これがまぁフォトジェニックで大興奮。シャッターを押す指が止まりませんでした。発電所のみなさんも温かく迎えてくださり、楽しかったなぁ。
周辺地域の取材では、椿泊(つばきどまり)という小さな集落をたずねました。昔は阿波水軍の本拠地で、今も歴史を感じる家々が軒を連ねています。道路が日本一狭いそうで、あまりの狭さにGoogleストリートビューカーも引き返したとか。写真のようにちょうど軽トラ一台分の道幅で、見たところ退避場所も少なく、住民の方はどうしてるんだろうと気になりました。
他にも美しい風景にたくさん出会い、カメラにおさめてきました。藤岡陽子さんの素晴らしい紀行文とともに、ぜひともご高覧ください。

 

Posted on 2019-01-23
冬の2大感染症になる

年が明けてもう3週間も過ぎてしまった。
実は年末にインフルエンザになって大みそかまで寝込み、年が明けてからは生ガキからのノロウィルスに感染して大変な目にあっていた。寝込んでいたせいでずいぶん迷惑をかけたけど、家族にうつらなかったのは幸い。
しかしこのため未だに年を越した感じがなく、新年のフレッシュさも感じられないまま、なんとなく日々が過ぎてしまっている。
2019年の手帳は、目標など書き込むところがたくさんあるものにしたのに、まだまっさらだ。とりあえず「今年やりたいことリスト」のページから埋めてみようか。

写真は、宗谷岬からみた利尻富士と夕日です。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-01-16
赤城大沼のアイスバブル(油氷)

アイスバブル

アイスバブル

はじめてアイスバブルというものを見ました。
黒い湖の底から湧き上がってくる無数の泡が、瞬間のかたちそのままに、ガラスのように透明な氷の中に閉じ込められていました。
地元の人は昔から「油氷(あぶらごおり)」と呼んでいるそうで、たしかに水に油をたらしたようにもみえます。
北海道ではよく見られる現象だそうですが、本州ではここ群馬県赤城山のカルデラ湖大沼でしか見られないとのことです。

 

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-01-10
仏像彫りはじめました


昨年はドローン以外にもうひとつ、新しいことを始めました。タイトルの通り、仏像彫りです。
昨年の夏、ひょんなことから近所に住む仏師の先生と知り合い、その少し前から仏像に興味があったわたしは、その場で教えてもらうことに決めました。
いいですよ、仏像彫り。少し前に巷では「マインドフルネス」というものが流行っていましたが、ただひたすらに手を動かして彫っている時の没入感は、まさに瞑想に近い気がします。直観で深く考えずに始めたことでしたが、やってみると、わたしがずっと求めていたのはこういう時間だったんだとすぐに理解しました。マイ彫刻刀も入手したし、長く続けていきたいと思います。
写真は先生のアトリエにある仏像です。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-01-01
2019年、始動!

あけましておめでとうございます。
みなさまの一年が素晴らしいものでありますようにお祈り申し上げます。

さて、いきなり微妙な写真ですみません。
今朝ドローンで撮影した初日の出です。昨日届いたドローンで、初めて撮った風景です。 (さらに…)

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2018-12-27
デジタルカメラマガジン2019年1月号

現在発売中の月刊誌デジタルカメラマガジン 2019年1月号の「RF LENS Technics」にて、キヤノンの新しいレンズ RF LENS RF35mm F1.8 MACRO IS STM(キヤノンのサイト)のレヴューをさせていただきました!
EOS Rもお借りしていろいろと撮ってみましたが、結論から言うとほんとに良いカメラ、レンズです。回し者ではありませんが、いや回し者なのか?いやどうなのだろう、とにかく正直に、わたしも欲しいと思いました。今もし身近に、ちょっと良いカメラが欲しいな、でもどれにしようかなと迷っている人がいたら、薦めます、まじめに。詳細は記事をご高覧ください!

 

Posted on 2018-12-25
必殺メリークリスマス

昨年あたりから、”いちさいたまのこどものほしいおもちゃをなぜしっているのか”とか、”どうやってへやの中にはいってくるんだ”とか、いろいろ言っていた6歳息子だが、本日25日の朝、枕元にあったプレゼントにとりあえずは喜んでくれた。少し前から備えていたかいがあった。ほっとした。

ところがそのプレゼント、仮面ライダーの武器。説明書にある通りにやっても必殺技が繰り出せない。早期に購入していたため初期不良を疑い、近くにいた夫に、「これって、買った〇ックカメラに言えばいいのかな?それともメーカーに言えばいいのかな?」と聞いてしまった私。大失態である。

一瞬息子が私の顔を見ていた気がして、「いや、でもサンタさんが〇ックカメラで買ったかどうかわからないし、やっぱりメーカーに聞こうかね、うん、そうしよう。」などと必死で猿芝居。しかし年齢の割に鋭い息子、すべてを察したような表情をしていたように思う。

結局いろいろいじっていたら、必殺技を繰り出すことができたので、不良ではなかった。息子は「ふつうにうごくから、といあわせはしないでいいね、よかったね」と涼しい顔をしていたが、私はやっちまった感がいつまでもぬぐえず・・・。サンタ設定はもう卒業でもいいだろうか。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2018-12-11
大湯祭(十日市)2018


毎年恒例、大宮氷川神社の酉の市、大湯祭(十日市)へ。
今年も同じ大きさ、同じ価格のものを購入。大きくしていくという習わしは知ってはいるが、好きなサイズがあるので変えられない。こんなことだから仕事でなかなか飛躍できないのか。いや、やっぱり今は子育てが一番。いただける仕事はありがたくやらせてもらうことはもちろん、焦らず力まず、現状維持を目指したいと思う。

境内のそばの吸盤射的のお兄さんはとても優しくて、いつもたくさんおまけをしてくれる。息子は毎年ここで射的をすることが楽しみで今年で4年目。場所もしっかり覚えていて、まずはここに直行する。息子にとっては酉の市に行く=吸盤射的なのだ。
わたしのほうは「的中率90% コンピューター手相占い」でみてもらうのが毎年地味に楽しみである。コンピューターで手相を解析した後に、おじさんからアドバイスをもらえる。言われることは毎回同じで、「子供にガミガミ怒るな、旦那を立てて優しくしろ、あなたは旦那よりも長生きする。」という、占いなのかなんなのかよくわからないものだけど、なんだかこれを聞かないと一年が終われないというか、安心するようになってしまった。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2018-11-27
映えスポットに行ってみた

江川海岸

濃溝の滝

所用で千葉県に滞在したのですが、そのついでにせっかくなので、SNSから人気が爆発したスポットに初めて行ってみました。上は江川海岸で、下は濃溝の滝(のうみぞのたき)です。関東にお住まいでなくともご存知じの方は多いのでは。実際に見てみて、わぁここネットで見たところだー!と素直に感動。どちらもそれまでは知る人ぞ知る風景だったろうに、いきなりスターダムにのし上げられて、「一生に一度は見たい風景」などと言われて、面白いものですね。

ちなみに、濃溝の滝とはこのトンネルのところにある滝のことだと思われるでしょうが、実はそうではありません。本当の濃溝の滝はここから数十メートルほど離れたところに別にあって、有名なこの場所は正確には「亀岩の洞窟」と言うのだと、わたしも現地で知りました。どうやらブームの火付け役になった写真を撮った人が「濃溝の滝」と紹介したために、そちらの名前で広がってしまったらしいのです。

本当の濃溝の滝は、暗いところでひっそりと流れていました。こちらは観光客もまばらでうらぶれた雰囲気。わたしのとなりで滝を見ていた、ツアーで訪れていると思しきおじさんが「本物はたいしたことねぇな!」と言い捨て去っていきました。ひとり残されたわたしは心の中で「濃溝の滝よ、名前を間違えられたばっかりに謂れのない蔑みを受けて、あんたも気の毒だね…」と同情したのでした。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2018-11-24
6歳6か月の子供と破風山に登る

我が家の秋の恒例行事、紅葉狩り低山ハイキング。今年は、埼玉県は秩父の破風山(はっぷさん)に登りました。

 

これまでの記事↓
2012年 高尾山(生後6ヶ月)
2013年 御岳山(1歳6ヶ月)
2014年 宝登山(2歳6ヶ月)
2015年 筑波山(3歳6か月)
2016年 榛名山(4歳5か月)
2017年 浅間隠山(5歳5か月)

 

今年はどの山に登ろうか考えていたところ、夫が秩父で行われるヒルクライムのレース(ロードバイク)に参加するため前泊するというので、私達も同行して、ついでに低山ハイキングをすることにしました。
﹙今思うと、翌日にレースを控えている人に山登りをさせるってひどいかもしれない···﹚

▲秩父はちょうど紅葉が見頃でした

(さらに…)