BLOG

Posted on 2019-11-14
残席僅か!写真教室 ほか

私が所属します日本風景写真家協会が12月に写真展「精密風景」を開催します。
写真展を記念して、プロの風景写真家による写真教室も開催されます。
講師は、風景写真を撮る方ならみなさんご存知のあの著名風景写真家ばかり。
なかなかない機会です、ぜひともふるってご参加ください!

写真教室1「萩原俊哉と探す小さな秋の表情」 11月24日 昭和記念公園←残席僅か
写真教室2「萩原史郎視点で撮る!足もとの大風景の見つけ方」 11月30日 石神井公園←キャンセル待ち
写真教室3「佐藤尚と秋の見沼田んぼを写真散歩」 12月8日 さいたま市見沼田んぼ←残席僅か

詳細はこちら

また会期中は、ギャラリートークも開催されます。

<気まずいクロストーク>
話が合わない先輩後輩、そりが合わない同業者、会話のない兄弟に、遠慮がちな作家と担当者。顔を合わせると、すれ違い、弾け合う、気まずいヤツらが今ここに『精密風景』を巡って相まみえる!? ぶつかり合う論点はアンタッチャブルな本質をあぶり出すのか?腫れ物に触るがごときギャラリートーク、ここに開演。

・・・なにやら穏やかじゃないですね?(あの方たち、話が合わないんだ、会話ないんだ、、、と、わたしも今、知りました((( ;゚Д゚))))
予約不要、無料となっておりますので、お気軽にお越しください。

そのほかプレミアムセミナーも開催されます。
詳細はこちら

みなさまのお越しをお待ちしております!!

ちなみにわたしは、12月15日午前中在廊予定。
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております。

 

写真は先日訪れた岩手県の葛根田渓谷(かっこんだけいこく)です(写真展には関係ありません)

 

Posted on 2019-11-13
蔦沼夕景

蔦沼の夕景です。
日中吹いていた風は落ち着き、きれいな水鏡ができていました。

青森県の蔦沼といえば、紅葉が朝焼けに燃える風景が有名で、わたしも一度は生で見て、撮影したいと思っていました。
しかしここ最近はあまりにも人気過ぎて、れいの瞬間を撮影するには朝3時前には現地に入って場所取りしないとならないとのこと。この時期の日の出は6時ごろですよ?
まさかと思い観光局に問い合わせてみたところ、事実らしく・・・。
わたくし即、諦めました。無理っす。

でも一度は行ってみたいと思っていたことに変わりはないので、夕方に訪れてみたのです。

16時ごろ到着。誰もいません。わたしひとりです。
静寂を破るように、時おり動物の声が響きます。鹿かな。
朝はこの木道、人でぎゅうぎゅうらしいです。

夕方の蔦沼もこれはこれで十分に美しく、思わぬ発見でした。
ご参考まで。

ちなみに、今年から紅葉ピーク期間に限り、蔦沼の最寄駐車場である蔦温泉の駐車場の夜間駐車禁止、周辺道路は早朝マイカー乗り入れ禁止となったそうです。しかし今年は紅葉の時期が例年からだいぶズレたので、影響はあまりでなかったとのこと(わたしが訪れた時も禁止期間が終わっていました)。来年以降、朝焼けの風景はもっと貴重になりそうですね。

※紅葉の赤味を強調するため、カメラのホワイトバランスを「日陰」または「曇天」にしています

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-11-07
東北5県、車中泊撮影旅


先日、紅葉の東北を5日間ほど撮影して周ってきました。
2泊以上の車中泊撮影旅は実に8年ぶりです。

溜まっている有休休暇を取得していた夫が、撮影に行ってきたら?と提案してくれた、というか、提案させたと言いますか。最近は息子の持病の調子が良いこともあり(先月から試している新薬が効いています)、お言葉に甘えることに。毎日、おもに息子のことで細々とやることがあるので、それらの引継ぎをして、晩御飯はミールキット宅配サービスを頼みました。

秋田県以外の東北5県の紅葉スポットーーずっと行きたかった紅葉の奥入瀬、いち度は行っておくべきかなと思っていた蔦沼、ドローンを飛ばしに葛根田渓谷、下からだけど立石寺、好天の裏磐梯・・・どこも紅葉はピークを少し過ぎていましたが、とにかく毎日幸せでした。

また、やはり東北を周っていた、わたしの風景写真の師匠、高橋よしてるさんに宮城県の伊豆沼を案内してもらう機会にも恵まれました。久しぶりに三脚を並べさせてもらって嬉しかったです。高橋さんはもう何度も来ているところなのに、その場にいた他の誰よりも、場所を変えてレンズを変えて、たくさんシャッターを切っていました。あらためて大切なことを教えてもらった気がします。

旅から帰ると、夫と息子がソファでのんびりくつろいでいました。猫2匹は全力で甘えてきました。
部屋は荒れていたけど、なんだかものすごくホッとして、それからありがたい気持ちになりました。

写真は伊豆沼の日の出とマガンの飛び立ち。水面の黒い点々もマガンなのですが、最盛期にはこの何倍もの数のマガンが一斉に飛び立ち、空が黒くなるほどだとか。いつかその光景も見たいです。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-10-29
秋の花

ずっと桜の風景だったサイトのトップページを変えました。
今回は秋の花。
山茶花、秋桜、秋海棠です。

ところで、山茶花と椿の見分け方を知っていますか?
花ごとポトリと落ちるのが椿、花びらがパラリと散るのが山茶花、なんだそうです。

(わたしも今、知りました)

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-10-28
第14回日本風景写真家協会展「精密風景 プロ写真家29人の挑戦」

所属している日本風景写真家協会が12月に写真展を開催します。
私の写真も展示される予定です。自分ひとりでは出来ない経験ですので、大変光栄に思います。
展示作品は、なるべく表に出していない撮りおろしが好ましいということで、初夏、風景を求めて森を歩いてきました。昨年のことです。
協会の大先輩方に(なんとか?)1点選んでいただき、参加することができます。
よろしければ是非ともお越しください。

詳細は風景写真家協会のお知らせをご覧ください。

 

Posted on 2019-10-13
台風がすぎて

大変な災害になってしまった。
台風19号、ハビキス。まさか自分の住むところに(さいたま市)、数十年に一度しかないという規模の台風がやってくるとは。
日本各地で自然災害が起きてきたけど、正直なところ、いつもただの傍観者だった。でも今回は違った。はじめて、怖くて寝られない夜を過ごした。
一夜明けて、被害の全容が徐々にわかってきた。
自分や自分の周りには大した被害がなかったことに、そのまぐれの幸運に、ただただ感謝するしかない。

写真は、よく行く埼玉県の某所。普段は畑と農道が広がるのどかなところです。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-10-02
巾着田のヒガンバナ

10年ぶりくらいに巾着田のヒガンバナを見に行きました。
まだ暗いうちから、重い三脚を携え、いそいそと現地へ。しかし入口には『三脚持込禁止』の大きな看板が。呆然としていたところ、通りがかったカメラマランの方が、「ここは数年前から三脚も一脚も禁止。今年は特に厳しくて、早朝で人が少ない時でもダメ、たたんで持ち込んでるだけでも怒られる。預かってもくれないから車に置いてきたほうがいいのでは?」とアドバイスをくれました。
巾着田、ここもか・・・。年々こういうところが増えてますね。確かに三脚は、普通に見学している方からしたら邪魔以外の何物でもないですもんね。ここでもきっと、いろいろなトラブルがあったのでしょう。
気を取り直し、感度を上げてなんとか撮りつつロケハンしつつ、明るくなるのを待ったのでした。
ちなみに、脚立を持ち込んでる方がちらほらいましたが、それはいいのかしら・・・?

 

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-09-29
初めての応援上映

ふらっと立ち寄った渓谷にて、きれいな光芒に出会いました。得した気分でした。

さて先日、「残りの人生でやりたいことリスト5000」のひとつに入れていた「応援上映に行く」を実現しました。
数年前に「応援上映」というワードを知ってからこのかた、参加の機会をうかがっていましたが、アニメ映画ばかりでいまいち食指が動かず。「そんなに応援上映に行きたいなら、インドの映画館に行け。あそこはいつだって応援上映だ。」と、インド通の旦那がまっすぐに言うのですが、そういうんじゃないのですよ。

そんな折、昨年ブームになったドラマ「おっさんずラブ」の劇場版が応援上映をするという。ドラマも見てたし面白かったし、これなら私も楽しめるだろうと、満を持して参戦することに。一応周りにうっすら声をかけてみたものの、案の定、誰ひとりとして興味を示さなかったので、ひとり参戦です。

事前調査によると、「推し色」のサイリウムやペンライトを持参するとより楽しめるということで、100均で「ライブライト」なるものを2本入手し、いざ映画館へ。
※ちなみに、ペンライトのことを調べていたら、「キンブレ」やら「バルログ持ち」などというワードを初めて知り、とても勉強になりました。

結論から言うと、めちゃくちゃ楽しかった!!誰かがピンチの時などは、ペンライトを振り回して「がんばれーー!!」とみんなで声を合わせて、文字通りに”応援”するのですが、なんたって一体感がすごい。映画館で声を出せるのも快感。わたし、こんなに人を応援したのっていつぶり?息子の運動会だってこんなにならなかった気が。

あとは絶妙な突っ込みをされる方が場内に何人かいて、何度も笑わせてもらいました。それでいてしんみりシーンでは茶々を入れたりすることなく、その振る舞いには、伝統芸能的な様式美すら感じました。ほんと彼女たちにもお金払いたいくらい。おかげで映画が何倍も楽しくなりました。

そんなわけで初めての応援上映は素晴らしい経験となりました。ちょっとお話した隣の席の人は、何度も参加しているそう。確かにこれは癖になるなと納得したのでした。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-09-12
夏休み終了

息子の夏休みが終了して早2週間。2週間!?
ほんとに時が過ぎるのが恐ろしく早いです・・・。

夏休み中は学童のお世話になっていたのですが、生活リズムが大きく崩れることなく、宿題もやってくるので、大変助かりました。
またそのおかげで、近場ですが撮影にも少し行くことができましたし。
春に撮影現場で知り合った方と、とあるひまわり畑で落ち合って、一緒にドローンを飛ばしたのは楽しい夏の思い出です(運営者の許可を得て飛ばしました)。

 

RSS Feed  Posted in BLOG | 2 Comments »

 

Posted on 2019-08-29
夏休み、弾丸セブ旅行

先日、激務の夫が急遽2日間だけ夏休みが取れることになりまして、土日とくっつけて家族旅行してきました。
「魚がいっぱいいるきれいな海に行きたい!」という息子の希望と、弾丸なのでなるべく近場で、そして今まで行ったことがないところで、セブに決めました。

セブといってもセブシティの観光はせずに、セブから船でいく離島がメインです。
以下にちょっとした旅行記のようなものを。

(さらに…)

 

Posted on 2019-08-23
昆虫少年と過ごす夏


昆虫大好きの息子にとって、夏といえば、カブトムシ、クワガタである。
うちの周りはわりと自然豊かなので、近場でカブトムシやクワガタの採集ができる。先日も夜の森に探しに行ってきた。

7年ほど昆虫少年と暮らしているのでそこそこ慣れたとはいえ、虫に触れたり近くで見るのにはまだまだ抵抗があるわたし。かなりやせ我慢をしての付き添いである。

蚊や蛾を追い払いながら懐中電灯の光を頼りに真っ暗な森をすすむ。
「ママ見て!」と、息子がとある樹を指さした。そこには、したたる樹液に大きなカミキリムシが大量に集まっていた。まともに見ると卒倒しそうだったので、なるべく意識を分散する。しかしここで動揺しているのを息子にさとられると、彼の意地悪心を刺激して面倒臭いことになるので、できる限り平静を装い、「う、うん、すごいね」と返事を絞り出す。

次に息子は、木の洞にいろいろな虫がギッシリつまっているのを発見、鼻先がつくほど顔を近づけて穴の中を観察し始めた。この光景だけでも十分クラっとしたけど、次に起こった展開に本気で発狂しそうになった。

「コクワガタがいる!」と、息子は無数の虫が蠢く穴に躊躇なく手をねじ入れ、黒光りする一匹の虫をつかみ出した。しばしソレを観察すると「あ、これゴキブリじゃん」と事も無げに言ってポイッと投げ、また穴に手を突っ込んだ。

わたしは錯乱状態になり、離れたところから「もうやめてぇえーーー!!!」と泣きながら懇願。しかし「ほんとにコクワが見えたんだ!」と、憑りつかれたように穴を探し続ける息子。そうして何度かGをつかんではポイしながら、最後は無事コクワガタをゲットしたのだった・・・。

そんなこんなで一時間ほど夜の森を徘徊した結果、カブトムシ雄3匹、メス1匹、クワガタを1匹、コクワガタを1匹捕まえた。息子はまだまだ捕り足りないようだったが、わたしはもういろんな意味でヘロヘロだったので、それで勘弁してもらった。

「また来ようね!」と無邪気に言う息子に、「う、うん」と返事するので精一杯。次は絶対に夫に付き添ってもらう、、、そう固く誓ったのだった。

写真は、ニイニイゼミの羽化とそれを見守るカエル。これくらいなら近寄れます。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-07-30
打ち上げ花火

数年ぶりに地元の花火大会へ。
息子の持病に悪影響があるので、ここ数年は避けていたのです。
ところが今年は、友達から花火大会の情報を聞きつけた息子が「ぼくも行きたい!おねがい!」と言いだしまして。
たしかに、小学生になって初めての夏休みに、打ち上げ花火のひとつも見られないなんてちょっと不憫です。心配はありましたが、少しだけ見に行くことに。

人垣に隙間を見つけて15分ほど鑑賞。
病気の状況によっては、またしばらくは一緒に見られないかもしれない・・・
そう思うと、よりいっそう儚く、美しく見えた気がしました。

そんな感傷にひたっているわたしをよそに、1、2発見てすぐに飽きた息子、あとは周辺の虫探しに熱中しておりました。うおぉぉい!

RSS Feed  Posted in BLOG | 2 Comments »

 

Posted on 2019-07-25
梅雨も明けそうだし気分を上げていこう


久しぶりのブログ更新となりました。

このところの日照不足に加えて息子の持病の悪化などが重なり、気分落ち気味で過ごしていました。テレビを見ても悲しい事件や嫌なニュースばかりで・・・。
さらに6月に気まぐれで受けた乳ガン検診で要精密検査となり、2回の辛い精密検査を受けたことも、気分の落ち込みに拍車をかけました。
結論から言うとガンではありませんでしたが、検査前や結果がわかるまで、不安にかられて日々ネット検索にいそしみ、そのうちに「これはガンに違いない・・・」と思いこむようになっていました。無駄に知識も増え、乳房再建手術には、身体の余分な脂肪を吸引してそれを乳房に移植する方法もあると知り、「え、それいいじゃん、これでお願いしよう。そしてできるだけ盛っていただこう。でも、もう片方にも入れてくれるんだろうか?ちゃんとバランスとってくれるんだろうか・・・」などと真剣に悩む始末。
そして一周まわって「でも、シコリの大きさからしてきっと早期発見なんだから、今わかってラッキーだったんだ。」と、達観の境地に辿りつくところまで、ひとり脳内で繰り広げておりました。なにやってんだか。

結果が出たのがつい先日のことで、まだ患者気分が抜けないのですが、そろそろ気持ちを切り替えたいところ。撮影に出ることはもちろんのこと、息子との夏休みを楽しみたいです。まずは来週、久しぶりにご依頼いただいたとあるお仕事があるので、頑張りたいと思います。

写真は秩父のアジサイ園です。

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »

 

Posted on 2019-06-27
デジタルカメラマガジン2019年7月号

デジタルカメラマガジン2019年7月号の特集1「画角で決める構図」にて作品1点と解説を書いています。
すぐに取り入れることができる実用的なテクニックが満載です。ぜひともご高覧ください。

また今月号は8本の新連載が同時スタートなんですね。「DCM Times」は旬の撮影地情報がありがたい。「私がプロになった理由」第1回目はGOTO AKIさん。お会いしたことはないのですが、写真がかっこ良くて憧れの存在。写真家になるまでの経緯もかっこ良すぎ。後編も楽しみです。

特集2のは「天の川絶景ガイド」。なにげに一度も天の川を見たことがない私。今年こそ、こんな景色を見たいものです。

 

Posted on 2019-06-19
振替休日

息子の運動会の振替休日にサンシャイン水族館へ。平日なので空いていて、座ってぼーっと水槽を眺めることができた。ずっと見たかった空飛ぶペンギンコーナー、しばらく粘ったけど、ビルが背景になるところをなかなか泳がないので、それらしい写真は撮れず。

ところで今、ヨシノボリを二匹飼育している。おなじ水槽にシマドジョウ、ヌマエビも数種いる。すべて息子が川で捕まえたものだ。
どれも地味な見た目であまり動かないのだけど、ずーっと見ていられる。そしてなぜか酒がすすむすすむ。週末の深夜などは、グラス片手に数時間、この水槽をただ眺めている。癒される。・・・疲れているのだろうか。はやく寝よ。

 

 

RSS Feed  Posted in BLOG | No Comments »