市民農園の収穫物

自粛が解除されて、先週から息子の小学校も通常通りになり、学童にも行き始め、習い事の教室も再開。徐々に以前の生活に戻っています。私もぼちぼち風景撮影を再開したいところ・・・。

今年の春から借りている市民農園。写真は先日の収穫物です。
4月中旬に種をまき、5月中旬から小松菜やほうれん草などの葉物の収穫が始まり、6月中旬からはビーツやジャガイモといった根菜に、ナスやピーマンといった実ものが収穫できるようになりました。昨日はトウモロコシも採れました。切り花も栽培していて、最近は百日草や矢車草が家を彩ってくれています。

以下はちょっとした思い出など。

土づくりと畝作りを息子に手伝ってもらいました。でもトラウマになるくらい大変。もし来年も借りられるなら、小型耕運機が欲しい・・・。



大好きなビーツは近所のスーパーではあまり見かけないので、立派に育ってかなり嬉しい。


畑に突如現れたスターウォーズのダースモール似のテントウムシ。1cm以上あり、ぎょっとするほどデカい。カメノコテントウという日本最大のテントウムシらしい。


「大玉トマト」と「もっちり丸ナス」が、青枯病になってしまった。連作障害のひとつで、市民農園ではあるあるらしい。最初にもっとしっかり土のケアをすればよかった・・・。青いトマトは、フライドグリーントマトにして美味しくいただきました。

 

関連記事

コメント2件

  • kantere より:

    色とりどりの自家製野菜!素敵です。我が家はピンクのルバーブを今年植えました。来年が楽しみです。農家さんから頂いたトマトの苗は大きな鉢で育っていますが、収穫はまだ先です。夏休みも短縮されていつもと違う夏休みになりそうですが、健やかにお過ごし下さいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です