卒酒しました

今年も半分が終わりましたね。
はぁ。早い。月日の経つのが本当に早い・・・
今年の前半は何があったかなと思い返すと、案外いろいろありました。

個人的に一番インパクトのあった出来事は、ずばり卒酒したことです。
実は今年の始めにお酒を飲むのをやめたんです。

このことを人に話すと、とにかくまずはビックリされ、次には「アルコールで何かトラブルでも起こしたのか?」「身体でも壊したのか?」と心配されるような酒飲みだった私です。
でも特に、これといった事があったわけではなく、ある日ふと、もう飲まなくていいかな。と思いました。

飲酒の習慣そのものに飽きたというか。
もう十分というか。
苦労せずにすんなりと止められたので、潮時だったんでしょうね。
なので辛さが伴い未練を断ち切るイメージがある「断酒」という言葉よりも、今までどうもありがとう、さようなら~というニュアンスで「卒酒」としています。

たまには飲めばいいじゃない、ともよく言われます。
でも少し飲めば、まただらだらと晩酌して寝落ち、そして後悔・・・なんていう生活に戻ることがわかっているので、飲みません。
そもそも、休肝日を守ったりしっかり節酒ができていたり、ただただ楽しく飲めていたなら、卒酒するという発想はなかったはずです。

久しぶりの24時間シラフの毎日はとても新鮮です。
おおげさじゃなく、生まれ変わったようです。
精神的にも身体的にも経済的にも時間的にも、今のところメリットしかないです。

あ、でも人に卒酒や断酒を薦めるつもりは毛頭ありません。
楽しく飲める人はそれで良いのです、どうぞそのまま楽しく飲んでください、と思っています。

他にもちょこちょこと新しいことを始めたり、またはやめたり、継続したりした2021年前半。
後半はどんなことがあるかな。
コロナはどうなるかな。
旅には行けるかな。よい撮影はできるかな。
畑もがんばらないとな。
そうこうしてるうちに、あっという間に年末になっているのでしょうね。

写真は古代蓮。地元ではちょうど見ごろのようです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です