二十四節気「清明(せいめい)」

4月5日から19日は二十四節気の「清明(せいめい)」。

草木の生命力が高まり万物が清々しく生き生きとする時期です。

また4月5日から9日頃は七十二候の「玄鳥至(つばめきたる)」でもあります。

ツバメが南方からやってくる頃です。

中国では「清明節」といって祖先を供養する、日本でいうと春のお彼岸に似た風習があります。

沖縄にも「清明祭(しーみー)」といって同じ風習が残っているそうです。

 

「せいめい」と聞くと陰陽師の安倍晴明が思い浮かんでしまいます。

実際深い関係があり、安倍晴明が「陰陽頭」に抜擢された日が「清明節」だったことから、「安部の童子」から「安倍晴明」の名になったのだそうです。(漢字は微妙に違いますが。)

清明、晴明、どちらも清々しさを感じる字面と響きですね。

確かに今の空気感にぴったりな。

 

写真は、朝露輝く草たち。

先日近所の空き地で撮影しました。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です