二十四節気「大雪(たいせつ)」

本日12月7日からは二十四節気の「大雪(たいせつ)」です。
大雪が降り始める頃です。
また12月7日~11日は「大雪」の初候、七十二候の「閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」。
天地の気がふさがって冬になる頃です。

すでに大雪が降っている地域もあるようですね。
この辺(さいたま市)は12月に入っても日中は上着がいらないくらいでしたが、さすがに最近ぐっと寒くなりました。
急に冬になった実感がわいてきて、慌ててスタッドレスタイヤ交換のためにお店に電話したところ、予約がいっぱいで2週間後になってしまいました。

ところで今年の冬はラニーニャ現象の影響で、寒さ厳しく雪も多くなるのではと予想されていましたが、ここにきて、偏西風の動きのために、逆に高温傾向になる可能性も出てきたそうです。

4日頃の寒気流入のあと ラニーニャ現象の影響 当初と違う見解

灯油価格も高騰中なので、あんまり寒さが厳しいのは困るけど、暖冬は暖冬で農作物に影響が出そうだし。
どうなるのでしょうか。


参加しています。よろしかったらクリックお願いします(別ウィンドウで開きます)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です