七十二候「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」

本日2月9日から13日頃は、七十二候の「黄鶯睍睆(うぐいすなく)」。
山里でウグイスが鳴き始める頃です。

ことわざの「梅に鶯(うぐいす)」。
美しく調和するもののたとえです。

実際にはウグイスは山の中にいて、人の目につくようなところにはなかなかいませんよね。

私達がふだんよく目にする、梅などの春の花木でちょんちょんと戯れるようにとまっている鳥はメジロです。
メジロの色はウグイス色に似ているから、よく混同されてしまうようです。

そして写真は「河津桜にメジロ」。
これはこれでとても美しく調和していますよね。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です