七十二候「麋角解(さわしかのつのおつる)」

本日12月27日から31日は七十二候の「麋角解(さわしかのつのおつる)」。
鹿が生えかわりのために角を落とす頃です。

例によってこの「麋」は、中国に生息するシカ科の動物「シフゾウ」のことで、シフゾウはこの時期に角を落とすそうです。
ちなみに、日本の鹿は春に落とします。

よく道の駅なんかで、立派な鹿角がインテリアとして結構いい値段で売られていますよね。メルカリでもたくさん売らられていて需要がありそう。インテリア以外に、大型犬のおもちゃ?として人気があるようです。
私も鹿がいるような森などに行った時は、「鹿の角でも落ちてないかな~」などと思いながら歩いてます。一度も見つけたことはないですが。

写真は、奈良公園の鹿さんです。


参加しています。よろしかったらクリックお願いします(別ウィンドウで開きます)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です