七十二候「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」


本日1月30日~2月3日頃は、七十二候の「鶏始乳(にわとりはじめてとやにつく)」。
鶏が春の気配を感じ、卵を産み始める頃です。
七十二候の72番目、最後の候です。次の2月4日「東風解凍(はるかぜこおりをとく)」(立春の初候)が第一候となり、暦の上では春が始まります。

しかし鶏って面白いビジュアルですね。とくに雄鶏。
真っ赤なトサカとか口ばしの下に垂れ下がっているもの(肉垂(にくすい、にくだれ)というらしい)とか。
トサカや肉垂は大きければ大きいほど強さと健康さをアピールできる、すなわちモテるんだそうです。
そんなもんかねぇ。


参加しています。よろしかったらクリックお願いします(別ウィンドウで開きます)



関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です