七十二候「霎時施(こさめときどきふる)」


本日10月28日から11月1日は七十二候の「霎時施(しぐれときどきふる)」。
時雨(しぐれ)がパラパラと降る頃です。
時雨とは、主に秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったり止んだりする雨のこと。ひと雨ごとに気温が下がり、秋が深まっていきます。

写真は、湖畔の紅葉を撮影中に時雨が降ってきた時のもの。
波紋がきれいで見とれてしまいました。

 

参加しています。よろしかったらクリックお願いします。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です