七十二候「熊蟄穴(くまあなにこもる)」

本日12月12日から16日は、七十二候の「熊蟄穴(くまあなにこもる)」。
熊が冬眠のために穴に入る頃です。

冬眠中の熊というと、閉じられた穴の中で仮死状態というかガッツリ寝ているイメージがありましたが、どうやらそうでもない様子。
実際は、ちょっと開いた岩の隙間や木の穴などで浅く寝ているだけだそうです。
だからちょっとした音などに敏感に反応して動き出すこともあるらしく、うっかり寝床に近づいてしまった人が襲われかけた事例もあるとか。

マジか・・・。冬の森も安心できないのか・・・。
風景撮影中に最も恐れているものは「熊」と言っても過言ではなく、
この先にどんなに素晴らしい風景が見られそうだとしても「熊出没注意」の看板であっさり引き返す私、大ショック・・・。

写真は、熊牧場のヒグマさんです。


参加しています。よろしかったらクリックお願いします(別ウィンドウで開きます)




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です