8歳5か月の子供と天覧山、多峯主山に登る

我が家の秋の恒例行事、紅葉狩り低山ハイキング。
今年はコロナ禍もあるので県外には出ずに、地元埼玉県の天覧山と多峯主山(とうのすやま)に登りました。
低山ながら息子にとっては初の縦走と鎖場も体験できたし、コロナ太り&運動不足の私にもちょうど良い具合の山で楽しかったです。
急にカメラの調子が悪くなり写真があまり撮れなかったのですが、以下簡単な記録です。

これまでの記事↓

天覧山と多峯主山を縦走する

天覧山登り口から天覧山中段という広場までは紅葉がとてもきれいです。
しかしそこからは杉林を進むため紅葉はほとんどありません。

こんな感じの杉林がしばらく続きます。

あっさりと天覧山頂上に到着。登山口から20分くらいかな。
遠く富士山が見えました。

天覧山をあとにして谷津田を通り、多峯主山に登ります。
多峯主山山頂に行く道は途中男坂、女坂に分かれるのですが、我々は「雨乞い池」を経由する女坂を選びました。
池の端には立派なもみじや東屋もあり、ここでお昼ご飯を食べている家族もいました。

雨乞い池から10分ほどで山頂に到着。天覧山から40分くらいです。
山頂はちょっとした広場になっていて、ここでお昼を食べている方もたくさんいました。
紅葉越しに飯能の街を一望。かすかに新宿のビル街やスカイツリーも見えます。
山頂付近には子供専用の鎖場があり、息子喜んで初体験。でも実は鎖をつかまなくても登れる感じ。
となりに石段が並走しているので大人はそちらを歩きます。

登りとは違うルート(天覧山を通らず天覧山の登山口まで直接行く)で下山。
多峯主山山頂から30分くらいで登山口に着きました。往復で2時間弱(休憩含む)の手軽さです。

立ち寄りたいスポット

ちょうど昼時だったので、天覧山登山口近くにある発酵食品テーマパーク「OH!!!」にあるカフェでランチにしました。ここはおすすめ!
10月にオープンした施設で気になっていたんですよね、発酵食品テーマパーク。
実ははじめから登山よりもこっちが目的だったのでは?と家族に疑われるほど、鼻息荒く訪れました。
美味しかったしお土産もたくさん買って満足です。

■天覧山(標高197m) 多峯主山(標高271m) 埼玉県飯能市
駐車場あり(飯能市中央公園の駐車場の道を挟んだ向かい)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です