七十二候「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」

本日2月24日から28日頃は「霞始靆(かすみはじめてたなびく)」 。

春の霞(かすみ)がたなびき始める頃です。

霞(かすみ)は、霧や靄、煙、黄砂やチリなどで周囲が白くぼやけた状態を表すもの。霧や靄とは違って気象用語ではありません。

春の季語でもあり、春に見られる霧は、霞(かすみ)と表現されますね。
夜になると「朧(おぼろ)」と呼び方が変わります。

写真は見沼田んぼを流れる芝川。
春にはよく霞が見られます。
今年もそろそろでしょうか。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です